2008 . 09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008 . 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野望

貝殻

未だ我が家のミドリフグが5匹揃っていた頃の水槽の写真をアップ。
30センチキューブで水換えを小まめに行ってみんなの健康をキープしてました。
水槽が小さいので外掛式フィルターは60センチ用のものを使用、更に底面フィルターとエアレーションもプラスし、バクテリア育成に励んで今も尚実行中なのですが。

初心者アクアリストの欲望に底が無いようでして(笑)
水槽を更に大きなものに変更し、カクレクマノミやイソギンチャク、色鮮やかなサンゴなどで綺麗に飾りたいと。
色んなネットショップを眺めていたんですが、物凄く心惹かれたのがこの二台。

楽天市場

charm

この二台の間で物凄く心が揺れてるわけです。ぶっちゃけてしまえばどちらも欲しい…。
でも矢張りオーバーフローの方が良いのかも…と思っているので、多分ジクラのバレーナの方にするかもですが、間も無く転勤の引っ越しを控えているのでそれからになるかなぁ。
それにしても水槽って高い…(涙)

みんなが大きな水槽での生活が出来るように頑張るから、病気しないで長生きして欲しいと願うばかりです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ

スポンサーサイト

流氷の天使

ミドリフグではないのですが我が家のもう一匹の住人だった子を御紹介。

クリオネ

小さくて解り辛いのですが、正体は流氷の天使クリオネです。
いつも見に行くペットショップで「クリオネ入荷しました!!」と書かれていて、思わずその場で連れ帰ってしまった私。クリオネとクラゲはずっと昔から部屋で飼ってみたくて仕方が無かったんですよね。
因みに常温だと死んでしまうので、特製の水槽が無ければ冷蔵庫の中でしか飼育出来ません。だから時々冷蔵庫の中を覗いて元気そうに羽ばたいているのを眺めてました。

ハダカカメガイと言う名の貝の仲間のクリオネの食事シーンを見た事がある人は多いでしょうか。
頭からバッカルコーンという触手の様なものを伸ばし、ミジンウキマイマイと言う小さな貝の仲間を捕らえて食すのですが、普段は天使でもその捕食シーンはまるっきり悪魔の様な映像です(笑)

Youtube

↑から捕食シーンを見られます。

ですがこのミジンウキマイマイと言う貝は一般では手に入らず、他に何か食べてくれないかと色々と試して見ましたが結局は食べてくれず、一年足らずで星になりました…。

餌が手に入る北の海の方面に住む機会が無ければ、私がクリオネを部屋に招くのはこの子が最初で最後になるでしょう。
冷蔵庫の中できれいに羽ばたく姿を見せてくれたこの子に感謝を。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 汽水魚へ


寝顔

一時期5匹居たのですが2匹は残念ながら病気で星に…(涙)
後の3匹は今日も元気に上下に泳いで餌を強請ってます。良く寝て良く食べる元気な子達。


sleep


左は近江くん、真ん中奥が四季くん、右が和くん。こうして固まって寝ている事が多いんですよね(笑)
寝ている時は何故か何時も目の下に黒い点が出て、水玉もグレーになるんですが何でだろう。他のミドリフグのブログを見てると、何処の子も寝てる時は同じみたいなので今は安心はしてますが、最初の頃は体の調子が悪いのかとばかり思ってた(笑)


それにしてもこの子達、ちゃんと家を入れてあるのに絶対に中に入らない…。

貝殻の家


陶器製の貝殻のお洒落な家はお気に召さないんだろうか(悩)



にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ


初めてのミドリフグ

ゲーセンのUFOキャッチャー在住だった我が家のミドリフグ。
我が家に来てから三ヶ月。やっとこさ水槽も落ち着いて来たように思うので、日記を書き始めてみる事にしました。


kaz

こんな状態で我が家にやって来たミドリフグ。
10センチ程度のプラボトルに砂と酸素の出る石が入っただけの劣悪な環境に彼(彼女?)は住んでました。しかも比重計で計ってみたら中の水は真水だったみたいです。……酷すぎる。
可愛かったけどどうやって飼育したら良いのか解らず、色んなサイトで調べまくったのも既に三ヶ月前の事。
そもそもゲーセンで生き物を景品にすること事態どうかと思うのですが(遠く)


熊本県ミドリフグ飼育組合←こちらのサイトを参考にさせていただいて必要な器具を購入、水槽を立ち上げて一週間後に左右対称の綺麗な大玉水玉と一本眉毛(笑)が特徴的な、命名「和くん」を水槽へ。
どきどきしながら世話を続けた結果、どうにか水も出来上がったみたいで…

三ヵ月後
エサくれー


…とでも訴えてるんでしょうね(笑)解りづらいですがすっかり大きく、丸々と太って来ました。
下側に居るのは後からショップで購入した四季くんで、喧嘩もせず仲良くどちらも元気に育ってます。
写真を見比べると心なしか和くんの眉毛がちょっぴり太くなった気もする(笑)

こんな愉快なミドリフグたちの飼育日記を不定期更新するつもりです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。